DIAMOND

Core Jewels sticks to the diamond's noble brilliance and strict criteria of beauty
コアジュエルスがこだわり続けるダイヤモンド、崇高な輝きと厳格な美の基準

ダイヤモンドは、「何ものにも征服されない」という意味のギリシャ語「ADAMAS=アダマス」に由来する地球上で最も希少な石です。
コアジュエルスでは、国際的な鑑定基準【4C】の評価がいずれも高水準で厳選したホワイトダイヤモンドのみを使用し
ブラックダイヤモンドは総合的に評価した独自の鑑定基準を設定し、最高品質【EXCEPTIONAL BLACK】のみを使用します。
そして、アントワープブリリアントダイヤモンドはすべてデビアスグループのボツワナ産出の原石を
アントワープの熟練工が研磨した作品のみを使用します。

WHITEDiamond

「永遠の絆・純潔・不屈」などの石言葉を持つホワイトダイヤモンドは、4つの項目で構成された国際的な鑑定基準【4C】に則り、その評価がいずれも高水準であることはもちろん評価に表れないダイヤモンド固有のオーラや生命力を大切に、永遠の輝きをお届けします。

Core Jewels Diamond quality 001
White Diamond
4C

ダイヤモンドに適用される国際的な鑑定基準【4C】とは、重さ=カラット、研磨技術=カット、透明度=クラリティ、色=カラーという4つの項目で構成された、米国宝石学会(GIA)制定の品質の指標です。コアジュエルスは、全ての項目に秀でた【4C】の最上の組み合わせを求め、厳格な基準でダイヤモンドを選別した後、豊かな感性を併せ持つジュエラーの審美眼によって最後の鑑定を行います。それはダイヤモンドの既定の基準では測れない特別な魅力である石そのものの根源的な個性や美しさ、オーラや波動、あるいは見る者の心に訴える生命力。コアジュエルスはそんな魅力を内に秘めたダイヤモンドにこだわります。

Core Jewels Diamond quality 002
White Diamond
CARAT

カラット(記号:ct または car)は、ダイヤモンドの重さを表す単位であり、1カラット=200ミリグラム(0.2グラム)と規定されています。ギリシャ語「KARATION=イナゴマメ」かアラビア語「QUIRRAT=デイゴ」を語源とし、古くはその実がどれもほぼ同じ重さと考えられていたことから宝石の重さを「イナゴマメまたはデイゴ何粒分」と表現していたそうです。宝石の取引には、厳密な基準をクリアした計量器を用いることが義務づけられ、それ以外で計量したカラット値を表示することは認められません。コアジュエルスでは、幅広いカラットのダイヤモンドをご用意しております。

Core Jewels Diamond quality 003
White Diamond
CUT

カットとは、ダイヤモンドの潜在的な価値を最大限に発揮すべく施された人為的な加工が唯一評価される項目で、輝きの良否を分ける大事な要素です。 ラウンドブリリアントカット(58面体)の場合のみ評価の対象となり、研磨、シンメトリー、プロポーションのバランスによって等級付けされます。コアジュエルスでは【Tex=Triple Excellent】【Excellent】【Very Good】に 該当する上位グレードのダイヤモンドのみを使用しております。

Core Jewels Diamond quality 004
White Diamond
CLARITY

クラリティとは、表面の傷やインクルージョン(内包物)の 大きさ・位置・数によって判定される、ダイヤモンドの透明度のことです。【FL=フローレス=10倍に拡大しても内外共に内包物を見つけられない】から【I=インパーフェクション=肉眼で内包物を容易に発見できる】まで、全11段階の等級と詳細な判定基準が設けられています。コアジュエルスでは、極めて高いクラリティを有する【IF】から【VS2】の肉眼はもちろん10倍に拡大しても内包物の発見が困難というハイグレードなダイヤモンドのみを使用しております。

Core Jewels Diamond quality 005
White Diamond
COLOR

ダイヤモンドのカラーは、マスターストーンを基準に判定します。 無色に限りなく近いほど高く評価され、また希少性も高く、より強い輝きを放つとされています。 反対に、石が帯びる黄色の度合が濃いほど評価は下がります。【D=エクセプショナルホワイト】を最高位に、以下アルファベット順で【Z=ティンデットカラー=ライトイエロー】まで全23段階あり、色の目安は、DEF=無色透明、GHIJ=ほぼ無色、KLM=微かな黄色、N-R=非常に薄い黄色、S-Z=薄い黄色となります。コアジュエルスでは、【D】から【H】のグレードに限定して使用しております。

Core Jewels Diamond quality 006
White Diamond
GRADING REPORT

米国宝石学会による品質評価の国際基準【4C】に基づき測定されたホワイトダイヤモンドのスペックを項目ごとに記載したのが鑑定書です。鑑定書はダイヤモンドグレーディングレポートとも呼ばれ、ホワイトダイヤモンド以外(一部除く)の宝石には発行されません。ダイヤモンドの重量と品質の等級を根拠となる検査結果と共に示し、具体的にはダイヤモンドの写真、サイズ、プロポーション、紫外線照射による蛍光生の強さ、クラリティ特徴などが記載されます。コアジュエルスでは、ホワイトダイヤモンドを使用したすべてのジュエリーに国内外の専門の鑑定機関で発行された鑑定書をお付けいたします。またご要望があれば、鑑定書を発行する鑑定機関のご指定も承ります。

BLACKDiamond

コアジュエルスは何色にも染まらないブラックダイヤモンドに自由の象徴を見出し、厳格な評価に基づき、最も魅惑的な最高品質の【EXCEPTIONAL BLACK】のみを使用します。

Core Jewels Diamond quality 001
Black Diamond
EXCEPTIONAL
BLACK

ブラックダイヤモンドには現在までのところ、そのクオリティを評価する国際的な鑑定基準が整備されていません。そこで、ブラックダイヤモンドの極みを目指すコアジュエルスとしては、より厳格な鑑定基準を設け、それに則った品質の評価を徹底することで、ブラックダイヤモンドのグレーディングを明確にしてきました。ブラックダイヤモンドの査定の対象を、色合い、カット、傷の有無、照りという4項目に設定し、それぞれの検査結果から総合的に判定したグレードを【EXCEPTIONAL BLACK】【RARE BLACK】【BLACK】の3段階で評価します。コアジュエルスでは、最高水準にあたる【EXCEPTIONAL BLACK】のみを厳選し、ジュエリーのモチーフとして使用しています。世界で初めてブラックダイヤモンドをメインストーンに選んだブランドであるコアジュエルスが そのクオリティをないがしろにすることは一切ありません。

Core Jewels Diamond quality 002
Black Diamond
GEM REPORT

宝石に対して科学的なアプローチから分析及び検査を行い、その石の種類を鑑別結果を記載したのが宝石鑑別書です。ジェムレポートとも呼ばれる宝石鑑別書には、鑑別対象となるジュエリーのカラー写真が添付され、最も重要な鑑別結果をはじめ、カットの形状、重量、石座など、鑑別石にまつわる基本的な情報も列記される。コアジュエルスでは、信頼のおける専門機関に委託した鑑別結果を鑑別書番号及び捺印と共に記載したオフィシャルの宝石鑑別書を発行し、ジュエリーに添付することで、お買い求めいただいた商品が天然のダイヤモンドであることを証明いたします。

ANTWERP BRILLIANT

ダイヤモンド研磨の聖地、ベルギー・アントワープで誕生したアントワープブリリアントをコアジュエルスでは新たにラインナップしました。デビアスグループのボツワナ産出の最高級ダイヤモンドの原石を使用し、世界で最も優れたダイヤモンドカッターとして知られるフィリッペンス・ベルトが研磨 したアントワープブリリアントダイヤモンドは、特別な輝きを放ちます。

Core Jewels Diamond quality 001
Antwerp Diamond
FINEST
GEMSTONE

世界最高品質のダイヤモンドの原石を使用 アントワープブリリアントダイヤモンドは、原石の品質の高さで知られるボツワナ・ジュワネング鉱山にて産出されたルースのみを使用し、商品ごとに発行される保証書には産地証明が必ず記載されています。ダイヤモンドの原石は等軸状八面結晶が最高品質とされ、結晶格子が整った八面結晶のダイヤモンドは光を素直に跳ね返し、ダイヤモンドを透過する光も美しい輝きを放ちます。「宝石の 品質は原石で決まる」と言われる所以はここにあります。高品質な原石を産出するデビアスグループから供給されたダイヤモンドルースの中でも正八面結晶の原石は10%程度しかない、非常に希少な存在です。

Core Jewels Diamond quality 002
Antwerp Diamond
SPECIALIST of
DIAMOND CUTTER

世界最高峰の技術を誇るダイヤモンドカッターが研磨 ダイヤモンドの研磨師として30年以上のキャリアを有するフィリッペンス・ベルトは、1988年当時所属のサイトホルダーがダイヤモンドのエクセレントカット及びハート&キューピットパターンを完成させるためのプロジェクトを発足した際、約2000名のマスターカッターの中から選抜された 究極のダイヤモンドカッター集団のリーダーを務め、1990年にエクセレントカットを達成、1993年にはハート&アローの研磨に成功し注目を集める。その後独立して独自の高品質ダイヤモンド研磨の研究に取り組み、これまで10種類の特殊カットを専属で研磨した実績を持つ。2013年から アントワープブリリアント専属のダイヤモンドカッターに就任。現在も現役でダイヤモンド研磨に打ち込む世界最高の研磨職人です。

Core Jewels Diamond quality 003
Antwerp Diamond
DIAMOND
GRADING REPORT

デビアスグループの鑑定書を発行 アントワープブリリアントダイヤモンドには、デビアスグループ専門の鑑定機関 International Institute of Diamond Grading & Research 通称"IIDGR"のダイ ヤモンドグレーディングレポート(鑑定書)が発行されます。IIDGRは世界で最も優れたダイヤモンドの鑑定機関の一つとされ、その評価システムは監査機関 Societe Generalede Surveillance(SGS)によって最も厳しい国際基準を尊守している事を定期的に調査、検証された上、SGSの認可を受けています。デビアスグループのダイヤモンドに与えられる個体ナンバーをガードルにレーザーで刻 印する事で、これまで供給者の倫理観に頼る事でしか担保出来なかった鑑定書とダイヤモンドの完全な一致とコンプライアンスを実現しています。

Core Jewels Diamond quality 004
Antwerp Diamond
ANTWERP
BRILLIANT CUT

世界で最も美しいアントワープブリリアントカットダイヤモンド研磨の聖地、アントワープの名前を冠したダイヤモンドは、計算し尽くされた97面で構成され、溢れ出す光の輝きを最大限に活かすべく設計されたシンプルなクラウンと複雑にデザインされたパビリオンが特別なシンチレーション(瞬き)とディスパージョン(分散)を実現しています、ラウンドブリリアントカットの3倍の面数を持ち、高度な研磨技術と完璧なシンメトリー(対称性)を要求されるパビリオン部分では、僅かな光も眩しいほどに輝くよう設計されています。芸術とダイヤモンドの歴史に彩られた街、アントワープで生まれた全く新しいオリジナルカットのダイヤモンドを お届けします。